結婚指輪について

婚約指輪というのは、もちろんみなさんも御存知の通り男性側から女性側へ結婚の申し出をした時に渡す指輪です。

そして婚約指輪は最近でこそ結婚した後も身につける方が増えてきていますが、それでもやはり結婚した後に身につけるものと言えば、結婚指輪なのではないでしょうか?

ですが婚約指輪はもちろんの事、結婚指輪というのは選ぶのが簡単ではありません。

婚約指輪というのは文字通り婚約した時に身につけるものなので、大ぶりなタイプのものや派手目なタイプを選ぶという方もたくさんいます。

対して結婚指輪になると、どちらかと言えば派手目なデザインとか大ぶりなタイプのものよりはシンプルなタイプなどが人気のようです。

実際に販売されているものもそういったデザインの指輪が多いようです。

そうなのです。

婚約指輪に求められるものと、結婚指輪に求められるものというのは、実は根本的に違っていたのです。

では婚約指輪に求められるものは何か?結婚指輪に求められるものは何か?

それは、実は婚約指輪に求められるものはアピールや華やかさであって、結婚指輪に求められるものと言えば華やかさなどではなく実用的に利用できるかどうか?なのではないでしょうか。

このように同じ結婚というゴールにもかかわらず、婚約指と結婚指輪というのは、その役割や求められる理由というものが微妙に異なっている指輪でもあったのです。

そのため購入する際にも、そういった事を踏まえて購入するようにしましょう。